建築士会CPD制度とは

CPDとは、Continuing Professional Developmentの略で、専門知識の継続的な自己研鑽の意味です。

建築士会では、建築士会会員の知識や技術に関する研鑽と倫理観の醸成のために、平成14年から自主的にCPD制度を始め、意欲的な会員の支持を得て運営してきました。

平成21年1月5日施行の改正建築士法第22条の4の規定によりすべての建築士に対する研修を行うことが建築士会に義務付けられたこと、そして、CPDの実績データの行政機関での活用が地方の建築工事での入札で広まっており、従来よりのCPD制度を大幅に改め、併せてICカードを利用した新しいシステムとしました。

新しいシステムでは、CPDカード(ICカードを採用)を講習会等参加時に読み取ることでCPDの履歴が自動的に蓄積されるため、バーコードシールと手帳による方法に比べて煩わしさがありません。また、ホームページから、CPDの履歴情報の確認、個人履歴一覧の発行が容易に行えます。

建築士会CPD制度の参加方法

 建築士会CPD制度 CPD制度参加者用ガイドライン

 概要

建築士会CPD制度は、建築士会会員の方だけでなく、会員以外のすべての建築士と建築施工管理技士等の方にも参加していただけます。建築士会CPD制度に参加を希望する建築士等は、建築士会で所定の手続と所定の費用を納めて参加登録をします。

京都府建築士会会員の場合会員はCPD制度に全員参加(会員証とCPDカード兼用)
初期登録費、カード発行費等は不要
 
会員外の場合右欄の申込書(PDFまたはWord)に記入の上、
参加費用5,000円(初期登録料、データ登録・管理費、CPDカード発行費)と共に勤務先所在地または住所地の建築士会事務局まで提出。
建築士会CPD制度参加登録申込書(京都版)
PDF    WORD

*参加費用のうち、登録時に収めるデータ登録・管理費(2,500円)は4月1日から翌年の3月末日を1年とするため、4月から新たにデータ登録・管理費が発生します。新規に参加登録の申請を希望される方は、ご注意ください。

 京都府建築士会CPD参加費用一覧表

*参加登録申込書を提出されてから、CPDカードをお届けするまでに2ヶ月程度かかります。
それまでに認定プログラム(講習会等)に参加される場合は、会場にある参加者名簿にカナ氏名をご記入ください。

*認定プログラムは、日本建築士会連合会のホームページ上で確認できます。   認定プログラム一覧


 参加者用システムの利用について

建築士会CPD制度に参加することで、参加者用システムの利用ができます。

はじめて、このシステムを利用するためには IDとパスワードを登録する必要があります。
【建築士会CPDシステム 参加者用】にアクセス
【システムログイン】【参加登録】をクリック【参加登録】に進み初期登録をしてください。 『建築士会CPDシステムの参加登録完了のお知らせ』のメールが登録メールアドレスに届きます。

 
システムのメニュー内 容
認定プログラム一覧現在認定されているプログラム情報の一覧を閲覧することができます。検索も可能です。
認定Webプログラム一覧現在提供中のWebプログラムの一覧の閲覧と視聴ができます。視聴後に単位が付与されます。
取得単位数確認現在、取得している単位数の確認をすることができます。 ただし、認定プログラムによる取得単位はプロバイダーより出席者名簿が提出されたものに限ります
Web講習会
/認定教材研修申請
Web講習会/認定教材による研修結果の申請を行うことができます。 自習型教材の選択欄における、会誌「建築士」は、平成28年1月より建築士会会員のみの表示項目になります。

CPDプログラム認定講習会等の主催者(プロバイダー)

 建築士会CPD制度 プロバイダー用ガイドライン

 CPDプログラム認定申請の流れ

講習会等の主催者が自ら行う講習会等を建築士会CPD認定プログラムとして活用する場合の流れ。
  1. 連合会または建築士会へプロバイダー登録の申請
  2. 登録完了
    【建築士会CPDシステム プロバイダー用】ログインに必要な【ID番号】と【パスワード】の取得
  3. CPDプログラム認定申請
  4. 連合会または建築士会で審査後に、その結果を通知
  5. 認定プログラム開催
  6. プログラム出席者リストの作成と提出

 プロバイダー登録について

講習会等の主催者(プロバイダー)が自ら行う講習会等を建築士会CPD認定プログラムとして活用する場合、連合会または建築士会へプロバイダー登録の申請をしてください。
登録完了後に【建築士会CPDシステム プロバイダー用】ログインに必要な【ID番号】と【パスワード】をおしらせします。
京都府建築士会に登録申請プログラムが京都府内限定の場合 プロバイダー登録申請書PDF   WORD
連合会に登録申請プログラムが複数県で開催の場合日本建築士会連合会ホームページ

 CPDプログラム認定申請について

プロバイダー登録後に、プログラムの認定申請を行ってください。
  1. 【建築士会CPDシステム プロバイダー用】ログイン   
  2. 「認定プログラム申請」、または「認定教材プログラム申請」から必要事項を入力し、申請
  3. 連合会または建築士会内の審査会がその内容を審査
  4. 認定

 プログラム審査費、プロバイダー登録費について

プログラムの審査にあたり、別途、プログラム審査費またはプロバイダー登録費のいずれかが必要になります。

プログラム審査費5,142円/1プログラム(1開催分)
プロバイダー登録費建築士会以外の企業・団体等 51,429円/年間

 建築士会CPDシステムの利用方法について

 建築士会CPD制度 プロバイダー用ガイドライン をご確認の上、【建築士会CPDシステム プロバイダー用】をご使用ください。

お問い合わせ先

一般社団法人 京都府建築士会 事務局

〒604-0944 京都市中京区押小路通柳馬場東入橘町641 京都建設会館別館2F
TEL:075-211-2857   FAX:075-255-6077
contact@kyoto-kenchikushikai.jp

公益社団法人 日本建築士会連合会

TEL:03-3456-2061 E-mail:info@kenchikushikai.or.jp
URL:http://www.kenchikushikai.or.jp